Blog

高校1・2年生対象 今からできる、大学入試対策①

2017/03/10

3月に入り、今年度の大学入試の多くは終了しました。在校生にとっては、大学受験の日が刻一刻と迫っているわけです。

 

そんな高校1・2年生に向けて、今からできる大学入試対策をお話します。

 

①試験時間がとても長い。

高校に入学以降、様々な模試を受けてきたと思います。1科目80分を超えるものがあり、中々集中力が続かないですね。センター試験では1科目の最長は80分です。

しかし大学独自の二次試験では、2科目で120分や1科目に150分など2時間を超える試験時間が設定されている所が多いです。当然難易度や問題数も時間に比例します。

要は、集中して問題に取り組める時間が1、2時間は必要である、ということです。高3になってこれを身につけるのはキツいです。今のうちに長時間集中して勉強できるような学習環境を作っていきましょう。

 

②問題文を正しく読んで理解する力を養う。

志望校が難しくあればあるほど、問題文が極端に長いか短いかに分かれてきます。

 

短い場合は得られる情報量が少ないため、それまで積み上げてきた経験や知識が重要です。高校3年生の夏休みくらいから徐々に解き方が固まってくるでしょう。

 

長い場合は得られる情報量が多いですが、反対に多すぎてどれが解答に結びつくのか整理しなければいけません。試験時間という制限があるため、何度も読み直すのはあまり効果的とは言えないでしょう。

ですから1,2回読んだ段階で、文章を頭できちんと整理し、解答に必要な情報を的確に抜き出す必要があります。その訓練は今からでも十分に出来ます。国語の文章や理科の実験などがいいでしょう。

 

~まとめ~

一つのことに集中する力、文章から必要な情報を的確に抜き出す力は、受験だけでなく社会においても当然重要なスキルです。そしてそのスキルは長く継続した訓練が必要になります。横浜進学ゼミナールでは、大学受験を通して社会で必要なスキルも同時に身につけていけるような指導を行っています。

お気軽にお問い合わせください 045-913-7757

24H 資料請求・ご相談はこちら
24H 無料体験お申し込み