Blog

学習アドバイス <高校数学 微分>

2016/12/09

今回は、高校数学Ⅱの微分についてお話します。

 

数Ⅱは文理問わず2年生の必修教科です。文系でも進路によっては受験科目となる可能性があります。数学の中でも特に計算量が多いため、頑張りましょう。

 

①定義をしっかり覚える。

定義が重要なことは当たり前のことですが、「定義に従って~しなさい」という形式の問題が出されます。他の分野と違い、定義を正しく書かないと結果が分かっていても解けません。

 

②理解するよりも計算できることを優先する。

関数系の定義は、理解しにくいものが多いです。しかし計算量はかなり多く、この後の積分でも計算が多いです。微分が苦手な場合は、先に定義を覚えるだけ覚えて、簡単な計算問題を解ける状態にするのが有効な手段でしょう。

 

③見直す力を養おう。

微分に限らず関数系は計算量が多いです。計算ミスに気付かずどんどん進んでいって、結果全問不正解ということがよく起こります。途中で計算ミスがないか見直したり、解答後に一通り見直す癖をつけましょう。

 

~まとめ~

微分は積分と一緒に出題されることが多く、得意な生徒も多い分野です。だからこそ計算ミスには十分に注意を払い、常に満点近い点数を維持できるように頑張りましょう。

 

お気軽にお問い合わせください 045-913-7757

24H 資料請求・ご相談はこちら
24H 無料体験お申し込み