Blog

高校2年生への進路アドバイス

2017/08/19

今回は、高校2年生への進路アドバイスについてお話します。

 

全ての生徒に当てはまるわけではないので、参考程度に読んでいただければ幸いです。

 

①やりたいことがなければ、得意そうな教科を見つけよう。

理系・文系ともにそうですが、高2の段階でやりたいことや明確な夢がある人はそうそういません。ある意味「将来のことなんか、わからない」の方が圧倒的多数かもしれません。誰にでも嫌いな教科があるでしょう。しかし、「数学が嫌いだから文系に、社会をやりたくないから理系に」など、嫌いであることを理由に進路選択をするのは、3年生で苦しくなっていきます。きっと嫌いなものがどんどん増えていき、最悪の場合、受験を避けていくようになるかもしれません。好きになれそうな教科、点数が取れる教科を受験に使える系統にいくのも考えてみませんか。

 

②私立?国立?

前提としてお金の話は横に置いておきます。あと私は理系なので理系選択の話になりますので、あしからず。

理系でも、私立理系か国立理系かで進路選択をしなければなりません。私立理系は基本的に英数理の3教科がほとんどです。国立理系はここに国語・社会が入ってきます。教科が多ければ苦手教科の勉強もせねばならず、少なければ1つの教科に対する難易度は上がります。みんな得意教科を選んで受験するわけですからね。故に、私立と国立を同じ偏差値で計ることは困難です。

要は、得意教科に伸びしろが持てれば私立、微妙かな~と思うときは国立で教科を増やすというのもありかもしれませんね。勉強面で言えばの話ですが。

 

~まとめ~

高3の授業で受験教科がほとんど決まってしまいます。9~11月で大体の進路が決まるところが多いですので、夏休みや前後の模試で自分の実力を測ってみるのがよいかと思います。

お気軽にお問い合わせください 045-913-7757

24H 資料請求・ご相談はこちら
24H 無料体験お申し込み