Blog

学習アドバイス <中3理科>

2017/07/31

中学3年の理科は、「化学変化とイオン」・「生命の連続性」・「運動とエネルギー」・「地球と宇宙」・

「科学技術と人間」・「自然と人間」について学習します。

「化学変化とイオン」は陽イオン・陰イオンと価数まで正確に覚え、イオン式をを確実に書けるようにする

必要があります。電池ではイオン化傾向をしっかり覚え、どの金属の組み合わせでも陽極・陰極の変化と

電流の方向を答えられるようにして下さい。また酸・アルカリと中和の仕組みを理解し化学反応式を書ける

ようにして下さい。中和とイオンは高校入試に必ず出題される分野なので定期テスト前以外に、定期的な

復習が必要です。

「生命の連続性」は細胞分裂・有性生殖・無性生殖・減数分裂・メンデルの法則について学習します。

遺伝は高校入試でよく出題されるので、減数分裂・対立遺伝子・分離の法則・独立の法則・遺伝子記号を

しっかり理解し、遺伝割合や数量計算を解けるようにしましょう。

「運動とエネルギー」は力のつり合い・作用反作用・等速直線運動・等加速度直線運動・慣性の法則・仕事・

力学的エネルギー・エネルギーの移り変わりについて学習します。

記録タイマーを使用しての速度計算やグラフ化、斜面における力の分解と加速度の関係を理解しましょう。

また仕事・仕事率や仕事の原理を理解し、ジュールやワットの計算を確実にできるようにしましょう。

運動エネルギーと位置エネルギーの関係を理解し振り子の運動についてもしっかり学習しましょう。

「運動とエネルギー」も高校入試で必ず出題される分野です。

「地球と宇宙」は地球の自転・公転による太陽と月と星の動きや惑星と恒星について学習します。

時間や月ごとの太陽や星の回転角度や月の満ち欠け等の原理をしっかり理解し確実に解けるように

して下さい。

「科学技術と人間」はさまざまなエネルギー変換・エネルギー資源・科学技術の発展と環境について

学習します。

「自然と人間」は自然界のつり合い・自然の恩恵・自然災害について学習します。

食物連鎖や自然界での酸素・二酸化炭素・窒素の循環・生産者・消費者・分解者については高校入試の

頻出分野なので確実に解けるようにして下さい。

 

中3の理科は、ほとんどの分野が高校入試の頻出分野なので、暗記事項と計算問題を確実に解けるように

学習することが必須です。

横浜進学ゼミナールでは、知識や内容をしっかり説明し、高校入試で高得点を取れるような授業を

展開していますので一緒に高得点を狙いましょう。

お気軽にお問い合わせください 045-913-7757

24H 資料請求・ご相談はこちら
24H 無料体験お申し込み